Sylvain Chauveau率いるアンサンブル0が小津安二郎監督作品の上映会の為に制作した楽曲集をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

日本でも人気の高いポストクラシカル・アーティストSylvain Chauveauと、池田亮司の『superposition』のパフォーマンスにも参加するパーカッショニストStéphane Garin、そして武満徹作曲賞の受賞歴を持つ現代作曲家Joël Merahが中心となって結成された現代音楽アンサンブル
一昨年には来日ツアーも開催した彼らが新作『Umarete Wa Mita Keredo』を9月16日にflauからリリースする。
本作は小津安二郎のサイレント・フィルム『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』に、伴奏を付けて上映するという企画の為に制作したサウンドトラックから14曲をセレクトしたニュー・アルバム。レコーディングには前述の3人に加えて、フルート奏者のJùlia Gàllegoが参加しており、日本の伝統的音楽やアメリカの現代音楽から受けたインスピレーションを取り込み、前作『Soñando』を発展させたようなサウンドに仕上げたという。そのリリースに先駆け、SoundCloudで収録曲「Jùichi」のフル試聴が公開されている。

0 – Umarete Wa Mita Keredo

Tracklist:
01. Jùhachi
02. Shi
03. San
04. Nijùkyù
05. Roku
06. Kyù
07. Nijùroku
08. Jùichi
09. Nijùichi
10. Jùshichi
11. Jùni
12. Nijùshichi
13 .Nijùhachi
14. Nijù

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon