The NationalのMatt BerningerとBrent Knopf(ex-Menomena)がEL VY名義でファースト・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

The Nationalのフロントマンとして知られるMatt Berningerと、ポートランドのインディ・ロックバンドMenomenaの元メンバーで現在はRamona Falls名義で活動するBrent KnopfがEL VY名義でファースト・アルバムを10月30日に4ADからリリースする。
このプロジェクトでは主にヴォーカルと作詞をBerningerが、トラックのプロデュースをKnopfが担当しているとのことで、Berninger曰く今まで書いたどの作品よりも自伝的(ただし内容は事実ではないらしい)なものに仕上がっているという。
リリースに先駆けてファンキーなギターが印象的なタイトル・トラック「Return to the Moon (Political Song for Didi Bloome to Sing, With Crescendo)」のリリック・ビデオが公開中。(via Under the Radar)

EL VY – Return to the Moon

Tracklist:
01. Return to the Moon (Political Song for Didi Bloome to Sing, With Crescendo)
02. I’m the Man to Be
03. Paul Is Alive
04. Need A Friend
05. Silent Ivy Hotel
06. No Time to Crank the Sun
07. It’s a Game
08. Sleepin’ Light (ft. Ural Thomas)
09. Sad Case
10. Happiness, Missouri
11. Careless

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon