Floating Pointsがデビュー・アルバム『Elaenia』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

神経科学の研究者という顔も持つロンドンを拠点に活動するプロデューサーFloating Points(本名Sam Shepherd)が、デビュー・アルバム『Elaenia』を11月に〈Pluto〉及び〈Luaka Bop〉を通じてリリースする。(via FACT)
今回のアルバムには、先日開催されたHerbertの単独公演にも参加したHejiraのシンガーRahel Debebe-Dessalegneを始め、Tom SkinnerとLeo Taylor (いずれもドラム)、Layla Rutherford (ヴォーカル)、Susumu Mukai (ベース)、Alex Reeve (ギター)、Qian WuとEdward Benton (いずれもヴァイオリン)、Matthew Kettle (ヴィオラ)、Joe Zeitlin (チェロ)といったアーティスト達が参加しており、生楽器の音色をフィーチャーした作品となっているようだ。アートワークには、彼自身が制作したハーモノグラフとモジュラー・シンセサイザーを同期させ描いた作品が使用されている。
アルバムのリリースに先駆けてリード・トラック「Silhouettes」のMVが公開中。

Update(12:36): Beat Recordsが本作の日本盤(ボーナス・トラック付き)を海外に先駆け11月4日(水)にリリースすることを発表した。また、来月には来日公演も決定している。

Floating Points – Elaenia

Tracklist:
1. Nespole
2. Silhouettes (I, II & III)
3. Elaenia
4. Argenté
5. Thin Air
6. For Marmish
7. Peroration Six
8. Precursor *Bonus Track for Japan

来日公演詳細: http://www.womb.co.jp/event/2015/09/19/arpa-showcase/


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon