Roots Manuvaがニュー・アルバム『Bleeds』をリリース、MachinedrumやFour Tet、Adrian Sherwood、Switch等が参加

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

最近ではBlurのHyde Park公演にもサポート・アクトとして参加したロンドンのベテラン・ラッパーRoots Manuvaが、4年ぶりのアルバム『Bleeds』を〈Ninja Tune〉の傘下レーベルである〈Big Dada〉からリリースする。
ボーナス・トラックを追加収録した日本盤は10月28日に〈Beat Records〉からリリースされる予定で、今年春にFour Tetプロデュースによる「Facety 2:11」やMachinedrumプロデュースによる「Like A Drum」(ボーナス・トラックとしての収録)など全12曲が収録される。
なお、アルバムにはMachinedrumやFour Tetの他に、プロデューサーとしてMajor Lazerの元メンバーSwitchAdrian Sherwood、ヴォーカリストとしてMassive Attackのバンド・メンバーDeborah Millerが参加しているそうだ。
下記プレイヤーからアルバム・トレイラーと、アルバムに収録される「One Thing」(prod, by With You)・「Facety 2:11」(prod. by Four Tet)・「Like A Drum」(prod. by Machinedrum)が試聴できる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon