Chris Walla(ex-Death Cab for Cutie)がソロ・アルバム『Tape Loops』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

昨年秋Death Cab for Cutieから脱退したChris Wallaが、ソロ・アルバム『Tape Loops』を10月16日に〈Trans Records〉からリリースすることが明らかになった。
2007年にリリースした『Field Manual』以来のソロ・アルバムとなる本作は、Pitchforkによればアナログテープを中心に構築したインストゥルメンタル作品だそうだ。リリースに先駆けてファースト・シングル「Kanta’s Theme」がInterviewで公開されている。
同サイトではTegan and SaraのSara QuinがインタビュアーとしてWallaと対談している。それによれば、彼のDeath Cab for Cutieからの脱退理由はBen Gibbardとの考え方の相違が一因であるものの、メンバーとは今でも良好な関係で、いつか再び一緒に新しい取り組みが出来ることを願っているらしい。

Chris Walla – Tape Loops

Tracklist:
01 Kanta’s Theme
02 Introductions
03 I Believe in the Night
04 Goodbye
05 Flytoget


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon