Jamie xxがコンテンポラリー・バレエ『Tree of Code』の音楽を制作

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo by Flavien Prioreau)

コンテンポラリー・バレエ『Tree of Code』の公演が来月14日から21日にかけてニューヨークのPark Avenue Armoryで開かれる。
『Tree of Code』はJonathan Safranの同名小説からインスパイアされた作品で、その音楽をJamie xxが担当している。(via Pitchfork)

なお、Jamie xxが先日リリースしたソロ・アルバム『In Colour』のリード・シングル「Loud Places」のリミクシーズが今週〈Young Turks〉からリリースされている。今回リミキサーとして参加したのは、John Talabot、Tessela、Matthew Herbertといったアーティスト達で、10月には12インチLPでのリリースも予定されている。下記プレイヤーからはJohn Talabotによるリミックスが試聴可能だ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon