Song Premiere and Interview: Julien Mier – Yesterday’s Downpour

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今回のSong Premiereは、オランダを拠点に活動するプロデューサーJulien Mierが今月16日にリリースするニュー・EP『Changing Currents』の収録曲「Yesterday’s Downpour」。
過去にはフランスの〈Cascade Records〉、カナダの〈King Deluxe〉などでのリリース経験のある彼が、今回関西を拠点とするレーベル〈Perfect Touch〉からリリースする本作には、リミキサーとしてYosi Horikawaとレーベル主宰のMagical Mistakesが参加している。
プレス・リリースによれば、その制作過程で、彼の心に大きな変化をもたらすほどの存在となっていたという『Changing Currents』。「海流の変化」という意味のタイトルが示すように、止まることなくひとつの流れとなって深層と表層を行き来するダイナミックなストーリーが、コンパクトなアルバム構成の中で見事に描かれている。
今回は楽曲試聴に加え、初来日ツアーを目前に控えたJulien本人にメールインタビューを行い、彼の音楽的ルーツや、今作に影響を与えた要素などについて聞いてみた。

 

Song Premiere – Julien Mier – Yesterday’s Downpour

Interview: Julien Mier

Public Rhythm(以下、PR): – 日本のファンの多くは、今回のツアーで初めてあなたのライヴを体験することになると思います。最初に、あなたの音楽的ルーツについて教えてください。

Julien Mier – 父が好きな音楽に育てられました。彼はBrian Enoや、Mouse on Mars、Captain Beefheartのファンなのですが、特にEnoとMouse on Marsが私の音楽的ルーツになりましたね。そしてポップ・ミュージックから自分の本当に好きな音楽を濾過してきました。例えばBjörkやGorillaz、Radiohead。彼らの作品は実験的な要素が中心であっても一般のリスナーに受け入れられています。

PR: – 今作は、今年1月の『Out of the Cloud』から約8ヶ月というスパンでのリリースになりますが、前作と比べて今作は少しミニマルな、落ち着いたトーンの作品になったように思います。作品を制作するきっかけはどのようなものでしたか。

Julien Mier – 実は『Changing Currents』と『Out of the Cloud』の曲を一緒にリリースするというプランもあったのですが、これらは深刻な雰囲気と軽い雰囲気にはっきり分かれると感じました。今年は個人的に大事な年だし、私生活も随分と変わりました。今回のEPは個人的にも音楽的にも分かれ道のような作品になったと感じています。

PR: – 『Out of the Cloud』の制作時から自然豊かな土地に住み始めたそうですが、生活環境は作品のアイデアに影響を与えますか。

Julien Mier – 私の音楽はいつも自分が住む場所から影響されてきました。2013年の『Jane’s Junkyard』を作った頃は、廃品集積場と棺を製作する為の製材所の近くに住んでいたし、『Out of the Cloud』を作った頃はフェルウェの農村地区に住んでいました。

PR: – 今作はオープニングから3曲目までがひとつながりになっていますが、この構成には何らかの考えがありましたか。また、アルバムに一貫したコンセプトを持たせることについては意識していますか。

Julien Mier – EPやLPを作るときはいつもそうなのですが、私は収録曲を通してリスナーに連続のストーリーを伝えることが好きです。
実はいくつかの曲は同じプロジェクト・ファイルから生まれています。リスナーが気づかないうちに段々と1つの曲から次の曲へ遷移していくのが特に好きなのです。

PR: – 作中ところどころに現れる、声を用いた表現が印象的でした。音楽における声や歌は、あなたにとってどんな存在ですか?

Julien Mier – 『Changing Currents』の場合、声をギターやピアノと同じように楽器としてコラージュしようと思って、断片化しました。リスナーが自由に解釈できるように言葉を切って、具体的な意味を無くすのです。実は今は別の作品の為に普通の歌詞を書いている途中なのですが、今作の場合は抽象的な表現の方がいいだろうと思ったのです。この次のステップでは、BjörkやGorillazのように抽象的な歌詞を使いながらナチュラルな流れで上手くアレンジしようと思っています。

Interview & Text by Inoue Yuuki

JULIEN MIER JAPAN TOUR

9月21日~23日 静岡
Life Force Sky Walk 野外フェス
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取細野高原
w/ Submerse, Metome など

9月25日 大阪
Club Circus w/ Metome, Magical Mistakes など

9月26日 福岡
情報近日公開

9月27日 東京
中目黒Solfa
w/ Submerse, Magical Mistakes など

Tour Info: http://www.perfect-touch.us/julienmier/

Julien Mier – Changing Currents

Tracklist:
1. It’s Slightly Open
2. Yesterday’s Downpour
3. I Refuse To Remain Silent
4. Caught In The Chest
5. Burnt Up
6. Burnt Up (Yosi Horikawa remix)
7. Caught In The Chest (Magical Mistakes remix)

PT008 Available 16 September 2014

Release Info: http://www.perfect-touch.us/changingcurrents/#

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon