Laurel Haloのニュー・EP『In Situ』から「Situation」と「Nebenwirkungen」が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

現在はベルリンを拠点に活動するプロデューサーLaurel Haloが、今月イギリスの老舗〈Honest Jon’s〉からリリースするニュー・EP『In Situ』の収録曲「Situation」と「Nebenwirkungen」のストリーミングを公開した。本作の日本盤は〈P-Vine〉から今月23日にリリースされる予定。なお、今回のジャケット・アートワークは〈The Trilogy Tapes〉のWill Bankheadが担当している。(via self-titled)

今年に入ってからのLaurel Haloは、Karen Daltonのトリビュート・アルバム『Remembering Mountains: Unheard Songs By Karen Dalton』への参加、NHK’KoyxenやJulia Holter等とのコラボ・プロジェクトTerepaでのデビュー・EP『Terepa』のリリース、更にMoog Music社とself-titled企画のフリー・EPへの参加等様々な方面で活躍している。

昨年彼女が『Hyperdub 10』で来日した際におこなったインタビューはこちらから。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon