服部峻がファースト・アルバム『MOON』をnobleからリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

服部峻がファースト・アルバム『MOON』をSerph等が所属する〈noble〉から11月13日にリリースする。
服部峻は大阪在住の音楽家、弱冠15歳で映画美学校音楽美学講座に第一期生として特別入学し、高校時代には某メジャーレコード会社のスタジオを自由に使える身となっていた早熟の天才肌。その数年後の2013年に処女作『UNBORN』を〈円盤レコード〉からリリースした。
今回リリースされるファースト・アルバム『MOON』は、日仏合作の映画『TECHNOLOGY』(監督:遠藤麻衣子/ 2016 年公開予定)のサントラに提供する楽曲制作が制作のきっかけとなっている。取材旅行の為に旅したインドで得た多大なインスピレーションから構想が膨らんだ結果、「映画のサントラ」「インドへのトリップアルバム」「自身初のフルアルバム」という3つのコンセプトからなる12曲入りのこのインストゥルメンタル作品になったという。本人曰く「信仰」をテーマにしたという今作、インドからの影響を感じさせる面妖さと、ジャズ、エレクトロニック・サウンドなど様々なエレメントが混在した奔放な作品に仕上がっている。リリースに先駆けて収録曲「Old & New」がSoundCloudで公開中。

服部峻 – MOON

Tracklist:
01. Startup
02. Old & New
03. The Sand Effects
04. She
05. Rickshaw
06. Borderline
07. Gravity
08. Chota Bheep
09. Pink
10. Soma
11. Partition
12. Forgive Me


記事初出時に試聴公開曲について一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon