Father John MistyがTaylor Swiftの曲をThe Velvet Underground風にカヴァー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Ryan AdamsTaylor Swiftの最新作『1989』をThe SmithやBruce Springsteen風にアレンジしたカヴァ・アルバムをリリースしたが、それに触発されたFather John Misty (ex-Fleet Foxes)が自身のSoundCloudにSwiftのカヴァーをアップロードしている。
現在公開されているのは「Blank Space」と「Welcome to New York」の2曲で、Father John MistyことJ. Tillmanは、The Velvet Underground風の歌い方を披露している。
ちなみに今回の出来事についてシカゴのミュージック・メディアConsequence of Soundは、「明日はMac DeMarcoが「Blank Space」をGWAR (ヴァージニア州出身のヘヴィ・メタル・バンド)風にカヴァーしたトラックを公開するだろう」とジョーク交じりの予測をしている。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon