Tamas Wellsのバンド・メンバー等によるポスト・クラシカル・グループCollins Lynch Watsonがファースト・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Collins Lynch Watsonがファースト・アルバム『Collins Lynch Watson』を11月4日に〈Salvaged Tapes Records〉からリリースする。
Collins Lynch Watsonは、オーストラリア出身の3人組のポスト・クラシカル・グループ。グループ名はメンバーのNathan Collins(Pf)、Chris Lynch(Gt)、Andrew Watson(St)の名前からとられている。それぞれミュージシャンとして他プロジェクトで活動しており、CollinsとLynchは昨年開催されたTamas Wellsの来日ツアーに帯同している。Wellsのアルバムのプロデュースも担当しているCollinsには、更に大学教授というもう1つの顔もある。ストリングスに加えて作曲も担当しているWatsonは、The Man Who Wasn’t There名義でも活動しており、虐待や暴力の撲滅を目指す国際的な団体への寄付活動の為に、詩人のEmilie Zoey Bakerとコラボ作品を制作している。
今回彼らがリリースする初のアルバム『Collins Lynch Watson』は、ピアノ、ギター、ストリングスというシンプルな構成ながらも、叙情的なピアノの音色に、ストリングスとギターが穏やかに寄り添い雄大な情景を描いている。現在リリースに先駆けて、オープニング・トラック「Don’t Be Long」のストリーミングが公開されている。

Collins Lynch Watson – Collins Lynch Watson

Tracklist:
1. Don’t Be Long
2. Building A Home
3. The Long Winter
4. Best Not To Mention This To Anyone
5. The Horse That Bolted
6. Only The Dead Have Seen The End Of War
7. A Watched Pot Never Boils (日本盤ボーナストラック)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon