ポーランドのフェスティバルに出演したKode9がBurialと勘違いされ騒ぎに

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ライヴをしないことで知られるBurialが、今週ポーランドのフェスティバルに出演していたと噂になってることをFACTが報じた。
件のフェスティバルは「Surprise」を掲げ、今月11日から18日にかけてポーランド・クラクフで開催されるUnsound。その会場でNMEやPitchfork、Guardian、FACT等で執筆しているLouis Pattisonを始めとする複数の観客が、Burialらしき曲を中心としたセットをプレイする謎の人物の姿を目撃したという。ステージは次にプレイするKing Midas Soundの準備の為真っ暗だったそうだ。



残念ながらこの噂には続きがあり、Crack Magazineが指摘するように〈Hyperdub〉が公式Twitterで謎の人物がBurialではなく、レーベル主宰のKode9であったことを明かしている。



Kode9は11月にニュー・アルバム『Nothing』をリリース予定。恐らく今回Burialの未発表曲と勘違いされた曲もこの作品に収録されるものとみられる。アルバムの詳細はこちらの記事へ。


Update(9:48): タイトル及び本文の誤記を修正。
Update2(17:21): 〈Hyperdub〉のTweetを追加。やはりBurialの出演を否定。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon