Akira Kosemuraがフラワー・アーティストや写真/映像作家とのコラボ作品をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

小瀬村晶(Akira Kosemura)がフラワー・アーティストの篠崎恵美(Megumi Shinozaki)、そして写真/映像作家の新田君彦(Kimihiko Nitta)とのコラボ作品『For』を11月25日に〈SCHOLE〉からリリースする。
本作はCD、DVD、そして64ページのフォトブックで構成されており、リリースに先駆けてYouTubeトレーラーが公開されている。

作品概要と各アーティストのプロフィールは以下より。(以下、プレス・リリース引用)

For (CD/DVD/Photobook)
Akira Kosemura, Megumi Shinozaki & Kimihiko Nitta

アーティスト : Akira Kosemura, Megumi Shinozaki & Kimihiko Nitta
アルバム : For (CD/DVD/Photobook)
品番 : SCH-044
発売日 : 2015/11/25
レーベル : SCHOLE
JAN : 4571256410449
税抜定価 : 5,980円

パッケージ : 特製 Box 仕様(横 : 156mm、縦 : 197mm)
CD+DVD
Photobook : 全 64P

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

彼女は花を集めている

はじめはなにもなかった

新しい喜び、新しい希望、新しい未来
芽生えたばかりの、小さな光

彼女は花を集めている

新緑の草原、川辺の木漏れ日
世界に咲いた、小さな光

段々と、色づいていく
少しずつ、満ち足りていく

あなたのために、わたしのために

彼女は花を集めている

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

TRACKLIST

Purple
New World
Waves of Light
Gene
For
Upstairs
Fallen
Her
Then

PROFILE

小瀬村晶(Akira Kosemura)
85年生まれ、東京出身の作曲家・音楽プロデューサー。
07年「It’s On Everything」でデビュー。同年、音楽レーベル「SCHOLE」を設立。
12年にコンテンポラリーバレエ公演「MANON」(演出/振付:キミホ・ハルバート)の音楽、14年に映画「最後の命」(監督:松本准平/主演:柳楽優弥)の音楽、15年にはミラノ万博(ミラノ国際博覧会)の日本館展示作品「ライブパフォーマンスシアター」(制作:ライゾマティクス)の音楽を担当。やなぎなぎへの楽曲提供や、ファイナルファンタジー楽曲のリアレンジワーク、au 三太郎シリーズ、blendy 挽きたてカフェオレといった話題のCM音楽を手掛け、IKEA、NIKON Asia、KINFOLK、RADO Switzerlandなど国際企業とのコラボレーションも多数。
これまでに五枚のオリジナルアルバムを発表し、米国最重要音楽メディア「Pitchfork」、豪州最大規模の発行部数を誇る新聞紙「THE AGE」にてその才能を賞賛されるなど、国内外に活躍の場を広げている。

篠崎恵美(Megumi Shinozaki)
独自の感性で花の可能性を見つけ、植物と様々なアイテムをつかい、依頼されるイメージを独創的に表現する。2009年に独立。
花の一般的な業務の他に、美容室やカフェやアパレルショップの店内装飾、百貨店メインヴィジュアルやブランドのルックブックなど大型セットも手がける。
また、charaアーティスト写真、chara「やさしい気持ち」ミュージックビデオ、ACOやヴィジュアル系バンドその他ミュージシャンのCDジャケットやLiveTシャツ、スタイリストさんの衣装制作などにもお花を落とし込む。
その他、ミュージシャンや作家さんの自邸、海外の個人邸のガーデンデザインから施工までも承っている。
2015年7月より、様々な異業種のクリエイターやアーティストと花を通してインスタレーションをするFlower shop “edenworks bedroom” をスタート。

新田君彦(Kimihiko Nitta)
2005年より活動をスタート。
フリーフォトグラファーとして、雑誌・広告を中心にファッションやポートレイトの撮影を続ける。
2014年より、3秒程度に風景を切り取る「動く写真」をテーマにした映像撮影と編集に取り組み、人物入りの短編を制作開始。
20分に及ぶ本作は、その集大成となる。
場の光を活かしながら対象の“ゆらぎ”を捉えた、物語性のある作品が持ち味。鋭い編集感覚と、想像の余白を残した静かな美しさに定評がある。
2015年には“人物の気配”を意識した風景写真展「“not”portrait」を開催し同タイトルの写真集を発行。

Music : Akira Kosemura
Flower : Megumi Shinozaki (edenworks)
Film/Photobook : Kimihiko Nitta

Model : Shin Lee (BARK in STYLe)
Styling : Yumeno Ogawa
Hair & Make : Hiroko Takashiro


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon