Richard J. Birkinがデビュー・アルバム『Vigils』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Richard J. Birkinのデビュー・アルバム『Vigils』が来月18日に〈Lirico〉からリリースされる。
Richard J. Birkinは、映画音楽やアートプロジェクトのための音楽、CM音楽などを多数手がけてきたイギリス・ダービーシャー出身の作曲家/シンガー・ソングライター。以前はEmphemetryという名義で活動しており、2011年にはNils Frahmも参加したシンガー・ソングライター作品『A Lullaby Hum For Tired Streets』をリリースしている。
キリスト教の「徹夜祭の祈り」をタイトルに冠した本人名義としては初のフル・アルバムとなる本作、Birkinは生き物がいなくなった世界における荒廃したほこりまみれの部屋を舞台に「世界のおわり」を描く。現在下記プレイヤーからは、もともとノッティンガム市議会からの委託によるインスタレーションのために制作したという収録曲「Night Sun」が試聴可能だ。

Richard J. Birkin – Vigils

Tracklist:
01. Atomhog
02. The Human Voice
03. Accretions
04. Vigil I
05. Vigil II
06. Vigil III
07. Moonbathing
08. A History Of Good Ghosts
09. Night Sun
10. Vigil V
11. Vigil VI

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon