School of Seven Bellsがニュー・アルバム『SVIIB』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

School of Seven Bellsがニュー・アルバム『SVIIB』を来年2月にリリースするとアナウンスした。
School of Seven BellsのギタリストだったBenjamin Curtisは、2013年末にT細胞性リンパ芽球性リンパ腫により亡くなった。その翌年には彼の最後のレコーディング作品となったJoey Ramoneのカヴァー「I Got Knocked Down (But I’ll Get Up)」がシングルとして配信され、更に残されたメンバーのAlejandra Dehezaが、Curtisが闘病中にレコーディングした音源をフィーチャーしたニュー・アルバムを計画していると明かしていた。彼女は今回のリリース・アナウンスに際し、アルバムについて始めから終わりまでラヴ・レターであると語っている。現在リリースに先駆けて、YouTubeで16秒のティザーが公開中。(via Pitchfork)

Friends,
Benjamin and I wrote this record during a tour break in the summer of 2012. I can easily say that it was one of the most creative and inspired summers of our lives. What followed was the most tragic, soul shaking tidal wave that life could deliver, but even that wouldn’t stop the vision for this record from being realized. This is a love letter from start to finish. It’s the story of us starting from that first day we met in 2004, and that’s the story of School of Seven Bells. So much love to all of you. Thank you for being a constant light in our lives.
This record is for you.

-Alejandra


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon