坂本龍一が総合監修した音楽全集『commmons: schola(コモンズ・スコラ)』の電子書籍シリーズが刊行スタート

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

main 2

古今東西のさまざまな音楽を対象に、坂本龍一がジャンルの枠を超えて選りすぐりの音楽を紹介する音楽全集『commmons: schola(コモンズ・スコラ)』。CDブック・シリーズ、TVシリーズに続いて、電子書籍シリーズの発売が今月からAmazon(Kindle)、紀伊国屋ウェブストア、iBooks等で始まった。
第1回配信となる今回は、『J・Sバッハ』をテーマにした第1巻、『ジャズ』をテーマにした第2巻が、それぞれ本体価格2,000円という廉価で販売されており、今後も毎回2巻ずつ継続的に配信が予定されている。(以下、プレス・リリースより引用)

< 商品情報 >
◆V.A.
『commmons: schola(コモンズ・スコラ) vol.1 Ryuichi Sakamoto Selections: J.S.Bach』
『(同) vol.2 Yosuke Yamashita Selections: Jazz』(電子書籍シリーズ)
◆発売日:2015/11/1(第1回配信)
◆本体価格: 2,000円(書店によって異なる場合があります)
◆企画:エイベックス・ミュージッククリエイティブ株式会社
◆販売元:株式会社ニュース企画
◆配信:株式会社クリーク・アンド・リバー社

< 第1回配信テーマ紹介 >
●シリーズの幕開けを飾る第1巻のテーマは、『J・S・バッハ』。誰もが名前は知っているバッハの音楽、そして作曲家が生きた時代について、坂本龍一が浅田彰、小沼純一とともにこれまでにない視点から語り合います。すでにクラシック音楽に親しんでいる方はもちろん、今まであまり触れる機会がなかった方にも、J・S・バッハの豊かな魅力をお伝えします。

●第2巻のテーマは『ジャズ』。日本のジャズ・シーンを牽引するピアニスト・山下洋輔を選者に迎え、プレ・モダンジャズからモダンジャズ、そしてフリージャズへと突き進むジャズの黄金期を紹介します。収録曲解説は自ら演奏・作曲も行う批評家・大谷能生。黎明期と現代をつなぐschola版ジャズをお楽しみください。

販売サイト
Amazon(Kindle): http://goo.gl/PWhwP7
紀伊国屋ウェブストア(Kinoppy) : https://goo.gl/6mryGo
iBooks  : https://goo.gl/zt17U4    ほか

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon