イタリア出身の3人組ノイズ・コア・バンドHis Electro Blue Voiceがデビュー・アルバム『Ruthless Sperm』を今月Sub Popからリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

イタリア出身の3人組ノイズ・コア・バンドHis Electro Blue Voiceが、昨年夏に契約したアメリカの名門Sub Popからデビュー・アルバム『Ruthless Sperm』を日本で9月18日にリリースする。

バンドのセルフ・プロデュースで制作された今回のデビュー・アルバムは、Sub Popのプレス・リリースにある「Stoogeoid(The Stooges)-meets-Killing Joke」という言葉が示すように、時に鋭く、時にとぐろを巻くようにうねるギターサウンドが実に攻撃的でパワフルだ。
ときおり挿入される古いB級映画で使われていたようなSE音はクラウトロック的な怪しく不穏なムードを漂わせるが、「Born Tired」のような比較的メロディアスな楽曲も収録されている。3分以下の楽曲を3曲含んだ全7曲で30分強という比較的短い作品だが、聴きごたえのある作品に仕上がっている。

現在収録曲全曲の試聴がSub PopのSoundCloudで公開中、下記のプレイヤーからそれぞれの楽曲がストリーミング試聴出来る。

His Electro Blue Voice – Ruthless Sperm

Tracklist:
01. Death Climb
02. Spit Dirt
03. Sea Bug
04. Tumor
05. The Path
06. Born Tired
07. Red Earth

Ruthless Sperm [帯付・国内仕様輸入盤] (TRCI39)
His Electro Blue Voice
SUB POP / TRAFFIC (2013-09-18)

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon