Bradford CoxがBilly Corganに謝罪

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

69-atjmbo

Bradford Coxが以前Billy CorganやThe Smashing Pumpkinsのクルーから暴力的な行為を受けたと先日ライヴ中に明かし物議を醸していたが、その件についてCoxがCorganに対し謝罪した。
ただしこれはCoxが中傷目的ででたらめなことを吹聴したというわけではない。今回の件のいきさつはこちらの記事に詳細を記載しているが、Coxは今回の発言が中傷目的ではなくライヴ中の軽口程度のつもりだったとしている。それがYouTubeや世界中のメディアに掲載され大事になってしまったことに驚いており、また、ステージを降りてから先日急逝したScott WeilandにCorganが寄せた追悼文を読み、こんな時になんと無神経なことをしてしまったんだろうと後悔したそうだ。
Coxは暴力的な行為やぞんざいな扱いを受けたこと自体を否定はしなかったが、自分がCorgan達に会った頃、彼らは恐らくとても困難な時期にあったのだろうとし、自分を含め人は誰でもそんなことをしてしまうものだから、それを非難するのは偽善的だ。自分はCorganのことを当時の短い邂逅の中での印象でしか知らないし、きっと彼にも多くの側面があるのだろう。この件について更なるドラマを回避する為発言を撤回したい。などと綴っている。
Coxは声明を「2007年のビデオ (Corgan達が所有しているという2バンドが出会った当時の映像) 。もしそれが出てくるのならば、自分の記憶とどれだけ一致するのか、また矛盾するのかとても興味がある」という一文で締めている。(via Pitchfork)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon