Nothingがニュー・アルバム『Tired of Tomorrow』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

nothing12
フィラデルフィア出身のヘヴィ・シューゲイズ・バンドNothingが、ニュー・アルバム『Tired of Tomorrow』を来年春に〈Relapse Records〉からリリースする。アルバムのリリースは2014年のデビュー・アルバム『Guilty of Everything』以来約2年ぶり。現在バンドのYouTubeチャンネルでは、アルバム・ティザーが公開されている。
なお、Exclaimが指摘するように、WhirrやCamera Shyのメンバーでもあり、トランスジェンダーに対する差別発言が問題となったNick Bassettは、バンドから脱退したらしい。プレスでもバンドの現在のメンバーはDomenic Palermo, Brandon Setta and Kyle Kimballの3人と記載されているそうだ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon