Wu-Tang Clanの超高額アルバムを購入したのは治療薬の値上げで批判された製薬会社のCEO

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

WuTang1-e1395794252557
以前こちらの記事で紹介したWu-Tang Clanのアルバム『Once Upon A Time In Shaolin』。たった1枚のみ制作され、数百万ドルの値で販売すると発表されていた本作だが、その購入者が製薬会社Turing PharmaceuticalsのCEOであるMartin Shkreliだと報じられた。
氏が支払った額は約200万ドルに及ぶそうだが、Wu-Tang Clanとの合意のもとその大半はチャリティー団体に寄付されるらしい。
このMartin Shkreliは、今年9月に権利を獲得したAIDSやがんにより免疫力が低下している患者の為の感染症治療薬『ダラプリム』を権利獲得前の販売価格の約55倍に引き上げると発表し多くの批判を浴びた人物。その後あまりにも批判が集中した為『ダラプリム』の値下げを再発表している。
なお、『Once Upon A Time In Shaolin』は当初購入者に楽曲の権利が譲渡される予定だったが、今年に入ってからメンバー達が88年間はアルバムの権利を購入者に譲渡しない考えであると発表している。(via Pitchfork)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon