Song Premiere: fraqsea – Cardinal Point

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

今回のSong Premiereは、Shellingのヴォーカル/ギターであり、Fugenn & The White ElephantsやPawn、M-Koda、LLLL等の作品にもヴォーカリストとして参加しているayaのソロ・プロジェクトfraqseaの新曲「Cardinal Point」。
この「Cardinal Point」は、彼女が来年1月17日に〈PROGRESSIVE FOrM〉からリリースするセカンド・アルバム『Star Cocktail』の収録曲。先日には別の収録曲「Always With U」のストリーミングも公開されている。
fraqseaとしてのアルバム・リリースは、2013年9月に〈White Paddy Mountain〉からリリースした『Majoram』以来約2年ぶり。全12曲収録の本編ではテクノやハウスを軸に様々なアプローチを試みているなお、マスタリングはKASHIWA Daisukeが担当している。
この「Cardinal Point」についてfraqsea本人は次のようにコメントしている。

今回のアルバム『Star Cocktail』は、ほぼ全曲今年初旬に制作したもので、「Cardinal Point」 もその内の1曲です。
タイトルの通り、”基点”という、そこから何かが始まる、進む、というような意味合いを込めました。
何処かの空港をテーマに、離陸する飛行機や、夜の滑走路のランプをミニマルなシンセフレーズとして、飛行機から見下ろす景色をピアノフレーズで表現しました。
静かな、輪郭の無いうわもののトラックに四つ打ちリズムを加えたらどうなるか、という実験的な楽曲でもあります。
後半はコーラスが重なるにつれて、淡い色合いのヴェールが何層にも重なりグラデーションが生まれるようなイメージです。
 - fraqsea

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon