坂本龍一の復帰後初作品の制作背景に迫ったオンライン・フォトエキシビションが期間限定で公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

rb_20151212_web_0003
(Photo by Tadamasa Iguchi / Red Bull Studios Tokyo)

坂本龍一の復帰後初作品となった映画『母と暮せば』(監督:山田洋次、出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華ほか)のオリジナル・サウンドトラック。本作の制作はレッドブルが世界中で運営するレコーディング・スタジオ『Red Bull Studios Tokyo』でおこなわれ、その模様は香港の写真家/映像監督のWing Shya(ウィン・シャ)氏によって撮影された。先日には同スタジオや『BANK GALLERY』にてその写真展も開催された。
そして今回は、その写真展をオンラインでも鑑賞するための特設サイトが新たにオープン。写真とともに、坂本龍一の復帰後初インタビューから印象的な「言葉」が抜粋され展示されている。このインタビューは『サウンド&レコーディング・マガジン』の編集長を20年務めた國崎晋(くにさき すすむ)氏が行っている。なお、同サイトでは近日中に坂本龍一を追ったドキュメンタリー映像の公開も予定されている。

期間限定のオンライン・フォトエキシビション
Red Bull Studios Tokyo Presents “Behind the Tracks” with ARTIST:
Ryuichi Sakamoto × Wing Shya Photo Exhibition
映画「母と暮せば」オリジナル・サウンドトラックの
制作現場を追ったドキュメンタリー写真展
http://ryuichisakamoto.redbull.com

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon