アメリカのエレクトロニカ・ユニットArms and Sleepersの来日公演にDaisuke TanabeとSapphire Slowsが出演

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

flyer-omote
Arms and Sleepersの初来日公演が今週8日(金)に恵比寿Liquidroom2階のKATAで開催される。Arms and SleepersはMax LewisとMirza Ramicの2人によるマサチューセッツ州ケンブリッジ出身のユニット。昨年来日したSun Glittersの紹介により実現したという今回の公演には、日本からサポート・アクトとしてDaisuke TanabeとSapphire Slowsが出演する。イベントの概要は以下のとおり。(以下、プレス・リリース引用)

DAY BY DAY 04 “Arms and Sleepers Live in JAPAN”
2016年1月8日(金)AT KATA (恵比寿リキッドルーム2F)
OPEN 19:30 / START 20:00

【LIVE】
ARMS AND SLEEPERS (US)
DAISUKE TANABE
SAPPHIRE SLOWS

前売:3000円+1ドリンクオーダー / 当日:3,500円+1ドリンクオーダー

Arms and Sleepers Biography
マサチューセッツ州ケンブリッジで結成されたユニット“Arms and Sleepers”。Max Lewis(プログラミング/キーボード/ギター)とMirza Ramic(キーボード/ギター/グロッケン)の2人は、様々な楽器を操り、エレクトロニックサウンドを中心に据え、アンビエントの底流の上に、温かなサウンドの潮流を創り出す。自在に形を変える豊かで低音の効いたテクスチャ構成、不規則なビート、そして幽玄なボーカルが、無定形な低周波から導きだされる目には見えない魅力的なパルスを生み出している。そのサウンドは、物語を綴っているかのようなシネマティックなイメージで確立されている。
2014年にリリースされた最新アルバム”Swim Team”は、これまでの幻想的なポストロック、アンビエントサウンドを残しつつも「ビート」と「シンセサイザー」にフォーカスされている。80年代の幼少期の記憶をノスタルジックなサウンドに乗せ、ヒップホップ、R&Bの要素も散りばめられたより広義なエレクトロニックサウンドに進化したアルバムが誕生。リリース前からEarmilk、XLR8R、Clash Music等の音楽メディアの他、The Huffington Postからも注目され話題になった。
http://armsandsleepers.com/

公演詳細:
http://daybyday.peaksilence.com/
http://kata-gallery.net/schedule/daybyday_04

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon