The Eaglesのオリジナル・ギタリストGlenn Freyが死去

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

1150970_433423766771362_1702050440_n
(Photo via Glenn Frey’s Official Facebook)

The Eaglesのギタリストであり、ソロ・アーティストとしても活躍していたGlenn Freyが死去したとPitchforkTMZが伝えた。67歳だった。公式発表によれば、彼はこの数週間関節リウマチ、急性潰瘍性大腸炎、肺炎の合併症と闘っていたという。
FreyとDon Henley、Bernie Leadon、Randy MeisneがThe Eaglesを結成したのは1971年のこと。デビュー・シングル「Take It Easy」でブレイクし、その後ロックとカントリー要素のバランスで試行錯誤を繰り返した末に1970年代中盤にはオリジナル・アルバム『One Of These Nights』や『Hotel California』、ベスト・アルバム『Their Greatest Hits 1971-1975』の大ヒットで全盛期を迎える。しかしメンバー間の不和などが原因となり、1980年にバンドは一度解散した。その後1994年にFreyを含む解散当時のメンバーで再結成を果たし、現在まで活動を続けていた。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon