Interview: Club Late Music

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Club Late Music〉は2015年春にロンドンで発足した新興のネット・レーベル。同年夏には初のコンピレーション・アルバム『Summer Hits Compilation 2K15』をリリースし、11月には初のレーベル・パーティをロンドンで開催した。そして今週22日(金)に彼らは東京のLounge NEOでもレーベル・ショーケースを開催する。
まだ1歳にもならない若いレーベルながらも、ロンドンに留まらず、フランス、ドイツ、アメリカ、日本と世界各国のアーティストの作品を発信する彼ら、今回はその成り立ちや、何故このタイミングで日本でイベントを開催するに至ったのかについて、レーベル・オーナーのBreezzeeに話を伺った。
なお、このインタビュー公開にあわせて、未発表曲を集めたコンピレーションの先行試聴も到着している。こちらのリンクからダウンロード出来るこのコンピには、22日(金)に開催されるショーケースのドア代が無料となるフリー・チケットが封入されているので、是非チェックして欲しい。

 

Interview: Club Late Music

Public Rhythm(以下PR): まず〈Club Late Music〉はどのような経緯でスタートしたレーベルなのでしょう。レーベル・コンセプトはありますか。

Breezzee: 〈Club Late Music〉(以下CLM)は、昨年2015年4月に立ち上がったネットレーベルなんだ。レイヴやダンス、ポップ・ミュージックに影響を受けているDJ、プロデューサー達が様々な国からこのレーベルに集まっている。僕たちはポストインターネットカルチャーのインスタントな部分に美学を持っていて、常に同時代的であることがコンセプトのひとつになっている。

PR: 所属しているアーティストを簡単に紹介して下さい。特にBubblesからはJ-Popや〈PC Music〉からの影響を感じました。

Breezzee: 現在〈CLM〉には8人のアーティストが所属している。
100% HalalというフランクフルトのDJクルー、彼らはSoundCloudにドロップされたばかりの曲しかプレイしないクールな奴ら。
今回来日するAZN Girlはナイトコアメーカーでベルリンに住んでいて、Yen TechというラッパーのバックDJも務めている。
日本からは今回のパーティーをホストしているDragon UMA、昨年の11月にFolie DouceのMerishとヨーロッパ・ツアーをしたばかりの強烈なDJだ。
ロサンゼルスからはT/B/Oというプロデューサー、彼のシンセサイジングは本当に優れている。昨年リリースしたコンピレーションを聴いてもらえるとわかるよ。
パリからはIdeal Corpus、フレンチ・デュオの彼らはこの中で一番インターネット感が強く、DJプレイもラディカルで縦横無尽だ。
Michel Oursもパリ出身で、ユニークなヒップホップを作っている。彼のビデオは最高だから是非見て欲しい。
ロンドンからはPrince Lucien。彼のサウンドはいつも綿密でそのライヴ・セットは驚愕するパワーがある。今回のコンピレーションに収録されている曲を必ずチェックしてほしい。
Bubblesはオーストラリア出身だけど、ロンドンに留学中だ。彼女はHyperpopを自称しキュートでカラフルな世界を展開している。
Bubblesに限らず、〈CLM〉の何人かのメンバーは〈PC Music〉からの影響があることは確かだよ。〈PC Music〉は大好きだけど、僕たちは彼らを目指しているわけじゃなくて、オンライン・カルチャーそのものをインスピレーションの拠り所としているんだ。

 

PR: 今回のショーケースは、ロンドンだけでなく、フランス、ベルリン、そして日本からアーティストが出演するとのことで、かなり力を入れているように感じます。何故このタイミングで日本でイベントを開催しようと考えたのでしょうか。

Breezzee: インターネットと飛行機がある世界ではとても簡単なことだよ。
インターネットで外国に音楽友だちを作り一緒にクラブを借りてパーティーをする。地元でやるみたいにね、今の世界ではそれが可能だ。
僕たちはいつだって仲間に会いに行けるし、一緒に音楽を楽しむことができる。それが一番大きなモチベーションだよ。ビッグ・レーベルじゃなくても外国のクラブでプレイできるのって本当にクールな時代だと思う、今回のパーティーで少しでも〈CLM〉を日本の人たちに知ってもらいたいな。

Thanks everyone for coming and dancing so hard last night! It was such a pleasure! Big thanks to all the fam who played for the first Club Late Night 100% HALAL, AZN girl, Bubbles, Dragon UMA and Prince Lucien!

Posted by Club Late Music on 2015年11月29日

 

PR: 最後に、今後のレーベルの展望や予定について教えて下さい。

Breezzee: 今回の日本でのイベントを終え、コンピレーションをリリースした後は、Dragon UMA , Bubbles , T/B/OのEPのリリースを予定している。
実はこの前すごいバンドを見つけて、リリースのオファーをしているんだ、もしリリースできたらビッグなものになるだろう。
イベントは、夏頃にはロンドン、パリで1stアニバーサリー・イベントを企画している。なるべく全てのファミリーが集まれたらいいな。
最後に、今年はフィジカルでのリリースも予定している。まだ言えないけど、年末には大きなプロジェクトを企画しているからどうか〈CLM〉に注目していてほしい。

 

Interview by Hiiragi Kei

Event: クラブ レイト ナイト Club Late Tokyo Night
Place: Lounge NEO
Date: 2016/1/22(Fri)
Door: ¥1500+ 1D ¥500
Open: 23:00

DJs
YONEDA : https://soundcloud.com/powerfood
texiyama(てぃーやま) : https://soundcloud.com/k11080
VDIDVS : https://soundcloud.com/dj-vdidvs
MAVIS BACON : https://soundcloud.com/mavis_bacon
Dragon UMA : https://soundcloud.com/dragon_uma
AZN Girl : https://soundcloud.com/azn-girl
Breezzee : https://soundcloud.com/breezzee
DJ4D : http://www.bbellabas.com/

VJs
Ryo Ichikawa : http://assassin3120.tumblr.com/
RIO : https://twitter.com/c0uor


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon