BOSSのコンパクト・エフェクター・シリーズにボコーダー『VO-1』が登場

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

BOSSがコンパクト・エフェクター・シリーズの新機種としてボコーダー『VO-1』を2016年3月に発売する。
「ボコーダー」は、人の声とシンセサイザーを合成して音を鳴らす技術。声に楽器で音階や和音をつけながら、まるで人が歌っているような音で演奏したり、演奏の音を抑揚のないロボット・ボイスに変化させるなど、個性的でインパクトのあるサウンドを作ることができる。今回BOSSが発売する『VO-1』は、従来鍵盤楽器が中心だったボコーダー・サウンドの演奏を、ギタリストやベーシストも簡単に楽しめる製品で、マイクとギター、アンプを『VO-1』に接続し、ギターの演奏に合わせマイクに向かって話したり歌ったりするだけで、独特のボコーダー・サウンドを手に入れることができる。製品の概要は以下のとおり。

BOSS ボコーダー『VO-1』

img_87619_1

2016年3月発売
オープン・プライス

■ユニークでインパクトのあるボコーダー・サウンドを簡単に楽しめるギター/ベース用の新しいボコーダー
■伝統的なボコーダー・サウンドが得られる「VINTAGE」、クリアな音質の「ADVANCED」など4種類のモードを搭載
■マイク接続なしで自動的にボコーダー・サウンドが得られるCHOIR モードやチューブ不要のTALK BOXモードも搭載

img_87619_3

ボコーダー『VO-1』の搭載モード一覧

-VINTAGE(ビンテージ)
聴きなじみのあるスタンダードなボコーダー・サウンドです。鍵盤楽器で演奏
したようなボコーダー効果が得られます。

-ADVANCED(アドバンスド)
マイクからの声が明瞭に聞き取れる、解像度の高い新しいタイプのボコーダー
・サウンドです


-TALK BOX(トーク・ボックス)
トーキング・モジュレーター・サウンドを再現。チューブを口にくわえなくて
もTALK BOXサウンドが得られます。

-CHOIR(クワイヤ)
マイクを接続しなくても、演奏に合わせて自動的に声が付加され、広がりと厚みを増したサウンドが得られます。

音作りの幅が広がる「エフェクトループ機能」を搭載
ギターやベースの音作りに必要なエフェクトを『VO-1』のセンド/リターンに接続すれば、ボコーダー・サウンドとギター/ベース・サウンドのミックスが可能。幅広い音作りに対応します。

外形寸法:73(幅)×129(奥行)×59(高さ)mm
質量(乾電池含む):450g


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon