Dirty ProjectorsのAmber CoffmanがPR/マネジメント会社のCEOによるセクハラを暴露

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

534604_380866898601331_398066911_n
(Photo by Jason Frank Rothenberg)

Dirty ProjectorsのAmber Coffman (写真手前左) が、PR/マネジメント会社『Life or Death』の創業者であり、同社のCEOを務める業界の有名人Heathcliff Berruから受けたセクシャル・ハラスメントをTwitterで暴露した。
それによれば彼女は2年前にバーでこの男に尻を触られる等の嫌がらせを受けたらしい。Pitchforkが指摘するように、彼女の発言後、Best CoastのBethany Cosentinoが彼女の支持に回り、Speedy OrtizやDIIV、Kelela、Wavvesが『Life or Death』との関係を断絶したと発表。また、Chelsea WolfeやTearistのYasmine KittlesもBerruからセクハラを受けたことがあると明かす等、大きな騒ぎとなった。なお、Berruは今回の件により既に『Life or Death』のCEOを辞任している。

Update(1/21): 『Life or Death』社長のNick Dierlは、最新の声明で同社の存続が最早難しい状態にあることを明らかにした。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon