School of Seven Bellsのラスト・アルバム『SVIIB』からオープニング・トラックが公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

SVIIB_artist (1)

School of Seven Bellsの新曲「Ablaze」が公開された。
「Ablaze」は、School of Seven Bellsが間もなくリリースするラスト・アルバム『SVIIB』のオープニング・トラック。本作は2013年に末にこの世を去ったメンバーのBenjamin Curtisが残した音源を元に、最後のメンバーとなったAlejandra DehezaがプロデューサーのJustin Meldal-Johnsenと完成させた作品。2月19日に〈Plancha〉からリリースされる日本盤には、Curtisの病室でレコーディングされた最後の音源であるJoey Ramoneのカヴァー「I Got Knocked Down (But I’ll Get Up)」が追加収録される。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon