Baauerがデビュー・アルバム『Aa』をリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

image03

「Harlem Shake」で一躍世界的なブレイクを果たしたニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動するプロデューサーBaauerが、デビュー・アルバム『Aa』のリリースを発表した。
〈LuckyMe〉を通じて3月18日に世界同時リリースされる本作には、Future、Pusha T、M.I.A.、Novelist、Leikeli47 、Rustie、Tirzahといった豪華なゲストが参加している。
また、Baauerは今週にはアメリカのテレビ番組The Late Show with Stephen Colbertに出演し、アルバムの収録曲「Day Ones (feat. Leikeli47)」を披露した。

俺は15歳のときに音楽を作り始めたんだ。最初から、世界に存在するリアルな音に影響を受けていた。俺は子供時代を地球を飛び回って過ごしたんだ。ロンドン、フィラデルフィア、コネチカットを行き来して過ごしていた。俺のビートは僕を取り巻いていたさまざまな文化が混じり合ってできている。俺には学がないし、規則や背景のない音楽に傾倒していった。
4年前に「Harlem Shake」をブルックリンのアパートでつくって、そこからはみんなが知っている通りさ。あの曲は俺に世界を旅する機会を与えてくれた。この世界中を旅して過ごしているうちに、自分でも想像していなかったほど、音楽にのめりこんでいった。でも俺にとってなによりも大きな発見といえるのは、音を特別にする要素が、その不完全さ、その独自性にあるってことに気づいたことだよ。
俺はここ数年間その”不完全さ”をレコードにおさめることにトライしてきて、それがこうしてやっと形になったと思うんだ。Baauer

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon