やくしまるえつこがYakushimaru Experiment名義でコンセプト・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

YXMR_EXP_1

やくしまるえつこYakushimaru Experiment名義で即興・朗読・数字を扱う実験コンセプト・アルバム『Flying Tentacles』を、坂本龍一のレーベル〈commmons〉の10周年を記念して3月30日にリリースする。
プレス・リリースによれば、今回のアルバムには、やくしまるが素数を譜面化&聴覚化した楽曲や、やくしまるが愛用するオリジナル9次元楽器「dimtakt」をはじめとしたオリジナル楽器演奏者による14分にもおよぶ大作即興セッション、更にフィリップ・K・ディック賞受賞作家・円城塔がやくしまるの朗読の為に書き下 ろした特殊な構造のテキストをやくしまるが朗読+即興演奏した「タンパク質みたいに」などを収録、「Science & Future & Experiment」な作品に仕上がっているという。
ライナーノーツには、本作及びやくしまるを「人力、世界シミュレーター。」と評す円城塔書き下ろしのテキストと、 NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員・畠中実によるアルバム解説が収録される。

アーティスト:Yakushimaru Experiment
タイトル:Flying Tentacles
価格:¥2,500(税抜)
レーベル:commmons × みらいレコーズ
品番:RZCM-86085

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon