Brothertigerのサード・アルバム『Out of Touch』がボーナス・トラックを追加して日本盤化

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

brothertiger

Brothertigerが昨年12月にセルフ・リリースしたサード・アルバム『Out of Touch』が、ボーナス・トラックを追加して日本盤化。3月30日に〈Plancha〉からリリースされる。TOWER RECORDSはそれに先駆けて3月16日からの発売。なお、CD化は日本のみとなる。
Brothertigerは、かつてはMonotequeという名義で活動していたアメリカ・オハイオ州タレド出身のJohn Jagosによるソロ・プロジェクト。チルウェイヴ/シンセポップ・ムーヴメントの真っ只中にあった2011年にデビュー・アルバム『Golden Years』を〈Mush〉からリリースした。2013年にリリースしたセカンド・アルバム『Future Splendors』に続く今作は、持ち前の爽快でポップなセンスにより磨きがかかった全曲シングルカット可能なクオリティで、ChvrchesやNew Order、Alan Parsonsにも通じるシンセ・ポップ・アルバムに仕上がっているという。リリースに先駆けて、タイトル・トラック「Out of Touch」のストリーミングが公開中。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon