Dr. LukeやSonyと争っていたKe$haをTaylor Swiftらが支援

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

かつて自分に性的暴行を加えたとしてDr. Lukeを糾弾し、所属するレーベル〈Sony〉に対して今後彼とアルバムを制作しないで済むように契約の解除を求めていたKe$ha。2014年に始まったその裁判は、今週Ke$haの訴えを退けるという形で終わった。苦しい立場になったKe$haに対して、既に多くのアーティストやファンが応援のメッセージを送っているが、そのなかでもTaylor Swiftは、$250,000という破格の寄付で、裁判が長期化したKe$haをサポートするという。渦中のDr. Lukeは、今週Ke$haに対して性的暴行を加えた事実はなく、長年の友人であり、妹のような存在だったとKe$haの主張に対して改めて異を唱えた。

ちなみに裁判前の2013年には、The Flaming LipsとKe$haによるコラボ・アルバムの制作が、(恐らくレーベル契約問題から) 頓挫するという出来事があった。この出来事も彼女にとってLukeと争うきっかけの一つになったのかもしれない。

(via COMPLEX, FACT)


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon