『世界を魅了した製品開発メソッドに学ぶ! プロダクトデザインのスケッチ技法』が発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

株式会社ボーンデジタルから『世界を魅了した製品開発メソッドに学ぶ! プロダクトデザインのスケッチ技法』が3月下旬に発売される。著者のケヴィン・ヘンリー(Kevin Henry)氏は、デザイナーであり大学や世界各地のワークショップでプロダクト・デザインの指導を行ってきた人物。本書は、アイデアを表現し、立体のオブジェクトにする過程で必要なスケッチをテーマに、そのテクニックと活用法をゼロから学ぶことが出来るという。

4862463304.09-AN1VRQENFRJN5.MAIN._V20160224191421-PE2HO-goo-gl-R8MyJ_SY6000_SCRMZZZZZZ_

発売予定日:2016年3月下旬
著者:ケヴィン・ヘンリー(Kevin Henry)
著者読み:けびん へんりー
定価:本体4,000円 + 税
編集:鈴木 由美
翻訳:株式会社Bスプラウト
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-330-2
総ページ数:208(予定)
サイズ:229 × 279 mm


【内容紹介】
アイデアを表現し、製品へとつなげるツールとしてスケッチを活用する手法と技法をゼロから解説
本書は技法と活用法をゼロから学び、ケーススタディと実践で製品開発のプロセスを体験できます。発想・アイデア出しのフェーズでの活用、直線/曲線、透視図法といった作図の基本、角度や陰影による見せ方まで、スケッチの実践的な技法と活用法を学びます。

スケッチの手を動かし、思考が解放され、刺激されます。ラフに描いたコンセプト案なら、繰り返し検討できるようになります。スケッチとはアイデアを分かりやすく伝えるための最も早い手段です。

デザインの名作が誕生した舞台裏には、スケッチがあります。「ケーススタディ」の項目では近現代の名品の数々を題材として描き方、考え方、見せ方を紹介しているため、世界各地のデザインスタジオの現場を知ることができます。

デザイナーであり大学や世界各地のワークショップでプロダクトデザインの指導を行ってきた著者が、ひらめきをアイデアに変え、立体表現にし、製品化へとつなげるためのメソッドを体系的に説明します。

【ケーススタディで取り上げる名品(一部抜粋)】
ヘリット・リートフェルト「赤と青の椅子」
グルチッチ「Mytoチェア」「Maydayライト」
マリオ・ベリーニ「TCV Display」「Divisumma 18」
アルベルト・メダ「Titania」
「Mission One Motorcycle」(Mission Motors)
「Presto」(ナイキ)
「DC25」(ダイソン)
「パナペット・クルン/Toot-a-Loop」(松下電器)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon