Brian Enoが新作『The Ship』をリリース、The Velvet Undergroundのカヴァー「I’m Set Free」が収録

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Shamil Tanna_DSC3515

Brian Enoがニュー・アルバム『The Ship』を4月27日(水)に日本先行リリースする。
プレスによれば、グラミー賞にもノミネートされた前作『LUX』に続く本作は、Enoのベリー・ベストであると同時に、過去の偉大な傑作たちのどれとも似つかない、Enoのクリエイティヴなキャリアにおける異なるサイクルの始まりを伝える意欲作だという。

人類というのは慢心と偏執的な恐怖心(パラノイア)との間を行きつ戻りつするものらしい:我々の増加し続けるパワーから生じるうぬぼれと、我々は常に、そしてますます脅威にさらされているというパラノイアとは対照的だ。得意の絶頂にありながら、我々は再びそこから立ち戻らなければならないと悟らされるわけだ…自分たちに値する以上の、あるいは擁護しきれないほど多大な力を手にしていることは我々も承知しているし、だからこそ不安になってしまう。どこかの誰か、そして何かが我々の手からすべてを奪い去ろうとしている:裕福な人々の抱く恐怖とはそういうものだ。パラノイアは防御姿勢に繫がるものだし、そうやって我々はみんな、遂にはタコツボにおのおの立てこもりながら泥地越しにお互いと向き合い対抗し合うことになる。 – Brian Eno

本作には、タイトル・トラックの「The Ship」に加え、「Fickle Sun」と冠した3パートの楽曲が収録される他、Enoが美術学生時代に行っていた初期の音楽的探究のインスピレーション源でもあったThe Velvet Undergroundのカヴァー「I’m Set Free」も収録される。日本盤には更にボーナス・トラックとして「Away」が収録される予定だ。

60年代後期に書かれたルー・リードの「I’m Set Free」は、書かれた当時以上に現在の方がより意義を持つように思える曲だ。ユヴァル・ノア・ハラーリ(イスラエル人歴史学者/著述家)が書いた本『SAPIENS:A Brief History of Humankind』を読んだことのある者なら誰しも、”新たな幻影を見つけるために私は自由になる(I’m set free to find a new illusion)” というあの曲の一節の持つ物静かな皮肉に思い当たるのではないかと思う…そしてそこにある、自らのストーリーから抜け出したからといって我々は何も<真実>――それがどんな真実であれ――に足を踏み入れるわけではなく、また別のストーリーの中に入っていくものなのだ、との言外の含みも理解することだろう。

unnamed

BRIAN ENO
THE SHIP
ブライアン・イーノ / ザ・シップ
WARP RECORDS / BEAT RECORDS
2016.04.27 WED ON SALE


TRACKLISTING
01. The Ship (21”20)
02. Fickle Sun (i) (17”40)
03. Fickle Sun (ii) The Hour Is Thin (02”43)
04. Fickle Sun (iii) I’m Set Free (05”13)
05. Away (Bonus Track for Japan)

国内盤コレクターズ・エディション:
BRC-505CE ¥2,750 (+tax)
– 特殊豪華パッケージ
– アートプリント4枚封入
– 8ページブックレット付
– SHM-CD
– ボーナストラック1曲収録

国内通常盤:
BRC-505 ¥2,200 (+tax)
– 紙ジャケット仕様
– 8ページブックレット付
– ボーナストラック1曲収録


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon