Ryan AdamsがプロデュースしたLa Seraのニュー・アルバム『Music For Listening To Music To』の全曲試聴が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon
la-sera

(Photo by Julia Brokaw)

La Seraのニュー・アルバム『Music For Listening To Music To』の全曲試聴が、EWでプレミア公開された。日本盤にはEWで試聴出来るオリジナル・トラックに加え、ボーナス・トラック1曲のダウンロード・クーポンが付属する。
La Seraは2014年に解散したVivian GirlsのベーシストKaty Goodmanによるプロジェクト。現在は、ギタリストで夫のTodd Wisenbakerが正式加入したデュオ編成で活動している。通算4枚目のアルバムとなる本作は、プロデューサーにRyan Adamsを迎え、彼のスタジオPAX-AMですべてアナログ機材を用いながら、8日間という短期間でレコーディングされた。今回のコラボは、AdamasとGoodmanの共通のフェイヴァリット・バンドであるThe Smithsからの影響が色濃く反映される結果になったという。

(via Stereogum)
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon