Steinbergによるプロフェッショナル向けの波形編集・マスタリングのソフトウェア『WaveLab 9』が発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

総合音楽制作ソフトウェア「Cubase」の開発で知られるSteinbergによるプロフェッショナル向けの波形編集・マスタリングのソフトウェア『WaveLab Pro 9』が、日本でも3月15日 (火) より株式会社ヤマハミュージックジャパンを通じて発売された。基本性能にフォーカスしたエントリーグレード『WaveLab Elements 9』も同時発売されている。
 『WaveLab Pro 9』と『WaveLab Elements 9』は、放送プロダクションやマスタリング・スタジオを始めとするプロの現場で使用されている本シリーズの最新バージョン。アクセス性を改良した新インターフェイス、モニタリング機能の強化、新マスタリングエフェクト「Master Rig」の搭載、オーディオモンタージュ、編集、メータリング、「Cubase」との連携強化、プラグインレベルの全てでM/S方式の処理を可能にするなどより効率的に作業をするための機能向上が図られている。

名称未設定 4

1603150105

1603150107
(拡大版を見る)

1603150106
(拡大版を見る)

スタインバーグ ソフトウェア
『WaveLab Pro 9』
『WaveLab Elements 9』

販売価格: オープンプライス
販売開始: 2016年3月15日(火)

1. M/S(Mid/Side)方式にフル対応 (『WaveLab Pro 9』のみ)
『WaveLab Pro 9』は、ステレオのオーディオ素材の編集、処理、モニタリングにおいて、通常のL/R方式だけでなく M/S方式にも対応しました。M/S編集は、波形ビューおよびスペクトラムの編集モードで適用でき、L/RモードとM/Sモードの切り替えは瞬時に可能で、MidチャンネルまたはSideチャンネルのそれぞれに対して正確なスペクトラム編集を行なうことができます。
マスターレベルの調節、エフェクトの追加、リサンプリング、ディザリングの適用を行うマスターセクションでは、各プラグインについてどのチャンネルを処理するかを指定できます。これにより、各プラグインを M/S モードで使用できます。

2. 総合音楽制作ソフトウェア「Cubase」との連携を強化
「Cubase」のオーディオイベントを『WaveLab』で開くことができます。これにより、『WaveLab』の編集機能を「Cubase」のオーディオイベントに適用できます。
また、「Cubase」から書き出して『WaveLab』で作業を行っているオーディオファイルに対して、その元のプロジェクトを「Cubase」で開くことができます。これにより、『WaveLab』での作業中に発見したミキシング段階での問題を「Cubase」で簡単に修正することできます。

3. マスタリングVSTプラグイン「Master Rig」搭載
「MasterRig」は、イコライザーやコンプレッサーなどのモジュールを組み合わせてマスタリングチェーンを作成することができます。最大4つのチェーンを記憶でき、瞬時に切り替えて音の比較が行えます。『WaveLab Pro 9』に付属の「Master Rig」は、ほとんどすべてのモジュールがM/Sに対応しており、例えばイコライザーでは周波数帯域別にM/S処理が可能です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon