Jameszooがデビュー・アルバム『Fool』をBrainfeederからリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon
unnamed


Jameszooがデビュー・アルバム『Fool』をFlying Lotus主宰の〈Brainfeeder〉からリリースする。ボーナス・トラックを追加収録した日本盤は5月13日に〈Beat Records〉からリリースされる予定。
Jameszooはアヴァンギャルド・ジャズ、プログレ、クラウト・ロック、実験的エレクトロニック・ミュージックに至るまで幅広いバックグラウンドを持つオランダ出身のプロデューサー。今作『Fool』にはアルバム自体のインスピレーションにもなったという大御所ジャズ・ピアニストSteve Kuhnや、ブラジル音楽界の重鎮Arthur Verocaiを始め、Stephen Bruner、ピアニストのNiels Broos、ドラマーのJulian SartoriusとRichard Spaven、ベーシストのRaphael Vanoli、サクソフォーン奏者のJohn Dikemanが参加している。

Update: 2016年11月に東京と大阪でのリリース・ツアーが開催決定
詳細は http://publicrhythm.com/28730

なお、〈Beat Records〉からは本作と同じく5月13日に、以前こちらの記事で紹介したジャズ・バンドKneebodyDaedelusのコラボ・アルバム『Kneedelus』の日本盤がリリースされる。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon