アルネ・ヤコブセンのウォッチ・コレクションが仕様や価格を見直して再登場

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

デンマークの建築家/デザイナー、アルネ・ヤコブセン (Arne Emil Jacobsen) の今までのウォッチコレクションが、仕様や価格を見直して再登場。復興プロジェクトの総責任者であり、ヤコブセンの後継者の一人であるテイト・ヴァイラント氏の監修による新生ヤコブセンウォッチとして『ROMAN』『STATION』『CITY HALL』『BANKERS』の4種が発売される。各製品の概要は以下のとおり。

d16598-5-205798-17
【ROMAN】
1939年テーブルクロック製作の際に生み出されたデザインです。その後、1942年ユトランド半島に位置するデンマーク第2の都市であるオーフスの「オーフス市庁舎」を設計した際にウォールクロックとしてリデザインされ、この建築のシンボル的な存在となりました。そのネーミングの通りローマン文字のインデックスと、2つの針の形状がクラシカルな作品です。

d16598-5-478430-19
【STATION】
テーブルクロックとして「LK」「ROMAN」に続いて手掛けた「STATION」は、スタンダードなフォントを使用した最も視認性の高いシリーズです。当時ヨーロッパでは手書き風の柔らかなフォントが主流である中、ドイツのバウハウスが提唱する機能美=視認性を意識したデザインは、デンマークの電機機器製造会社のLK社に高く評価され、その後瞬く間にデンマーク国内の駅や公共の場で採用されることとなります。80年以上経った今でも実用的で、普遍的な作品です。

d16598-5-477849-14
【CITY HALL】
自然の中に溶け込んだ直線的な建物との絶妙なコントラストが美しい「ルードブレ市庁舎」を設計した際に手掛けたウォールクロック「CITY HALL」。ROSENDAHL社はこのルードブレ市庁舎に設置されているオリジナルのクロックを復刻プロジェクトのために譲り受け、忠実に再現しました。アントチェアやセブンチェア、SASホテルなど最も有名な作品を世に出した50年代に誕生した、シンプルでモダンな作品です。

d16598-5-870012-9
【BANKERS】
 晩年のヤコブセンの最高傑作とも言われる「デンマーク国立銀行」を設計した際、トータルデザインに基づき家具や水栓器具等とともに手掛けたクロック「BANKERS」。わずか2つしか存在しない希少なオリジナルクロックを基に再現されたBANKERSはROSENDAHL社やヤコブセンファミリーが監修の際に最も拘りをもった作品です。一見細長い棒状に見えるインデックスは12個のブロックで構成され、時間をグラフィカルに見せながら優雅なスパイラルを描き、絶え間ない時の流れを表しています。

d16598-5-947134-13-1

34㎜ ¥35,000+TAX
40㎜ ¥37,000+TAX
※全シリーズ共通

ARNE JACOBSEN
http://www.nordicfeeling.jp/release/160318/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon