Jim O’Rourkeが昨年10月におこなったアルバム『Simple Songs』全曲ライヴの映像が公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

unspecified
(Photo by photo by KUNIYOSHI TAIKO)

Jim O’Rourkeが昨年10月に2日間にわたって赤坂・草月ホールで開催したコンサート「two sides to every story」の映像が、スペースシャワーTV DAXのYouTubeチャンネルで公開された。
石橋英子や山本達久を迎え、世界初公開のString Quartetや、1997年の『Bad Timing』全曲ライヴなど4つのプログラムで構成されたこのコンサート、今回映像が公開されたのは、初日となった10月24日(土)の第2部で披露された『Simple Songs』の全曲ライヴからの映像。故・若松孝二監督の映画『海燕ホテル・ブルー』(2012年公開)のために書き下ろした「Hotel Blue」や、ジム・オルークwith芸害など別名義のライヴでも度々インスト・バージョンとして演奏されていた「Last Year」、そしてアンコールで披露された2001年発表作『Insignificance』の収録曲「Therefore I Am」の3本が視聴できる。なお、「Therefore I Am」のパフォーマンスにはゲストとして、アメリカ時代にJim O’Rourkeのリズム隊を務めていたWilcoのドラマーGlenn Kotche、そして翌日のJazz Trio and Big Bandセットにも登場したDarin Grayが参加した。

【Saturday, October 24: “Simple Songs” Live Performance Set List】
01. Friends With Benefits
02. That Weekend
03. Half Life Crisis
04. Hotel Blue
05. These Hands
06. Last Year
07. End Of The Road
08. All Your Love
En. Therefore,I Am (with Darin Gray, Glenn Kotche)


Update(12:03): 本文に追記。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon