Brian Enoの新作『The Ship』からタイトル・トラックが公開

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Shamil Tanna_DSC3385
(Photo by Shamil Tanna)

Brian Enoが4月27日(水)に日本先行するニュー・アルバム『The Ship』から、アルバムのオープニングを飾るタイトル・トラック「The Ship」のストリーミングがSoundCloudを通じて限定先行公開された。

 
この新曲及び今回のアルバムについてEno本人は次のようにコメントしている。

この楽曲は、もともとストックホルムで行ったマルチ・チャンネル・サウンド・インスタレーション用にアンビエント曲として作られていた。だが制作中に、自分自身が、本楽曲のルート音である低いCコードで歌えることを発見した。年を取って得るものも、少しはあるということだ。その時点から、この曲は、他とは異なる種類の「歌」へと変貌していった。ヴォーカルが、あらゆるリズムの枠組みから解き放たれ自由に漂う、これまで私が作ったことのないタイプの曲となった。

音楽的な面においては、リズムの構造やコード進行といった一般的な基盤に依存することのない、だからこそ声がそれぞれの空間と時間の中に存在できる、それこそ普通の風景の中で起きる出来事のように存在している、そういう歌を集めたレコードを作りたいと思ったんだ。自由でオープンな空間の中に、音の事象を配置したかった。このアルバムは空白を挟んで綴じ込まれた物語の連続なんだ。そのいくつかは私も知っているし、またいくつかはこうして今、物語を作り上げながら私自身が発見しつつあるストーリーでもあるんだよ。- Brian Eno

unnamed

BRIAN ENO
THE SHIP
ブライアン・イーノ / ザ・シップ
WARP RECORDS / BEAT RECORDS
2016.04.27 WED ON SALE


TRACKLISTING
01. The Ship (21”20)
02. Fickle Sun (i) (17”40)
03. Fickle Sun (ii) The Hour Is Thin (02”43)
04. Fickle Sun (iii) I’m Set Free (05”13)
05. Away (Bonus Track for Japan)

国内盤コレクターズ・エディション:
BRC-505CE ¥2,750 (+tax)
– 特殊豪華パッケージ
– アートプリント4枚封入
– 8ページブックレット付
– SHM-CD
– ボーナストラック1曲収録

国内通常盤:
BRC-505 ¥2,200 (+tax)
– 紙ジャケット仕様
– 8ページブックレット付
– ボーナストラック1曲収録


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon