The NationalのギタリストBryce Dessnerとサンフランシスコの弦楽四重奏団Kronos Quartetがコラボ・アルバム『Aheym』を11月にリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

(Photo by Andrew Paynter)

The Nationalの中心人物であるギタリストのBryce Dessnerと、Steve Reichのアルバム『WTC9/11』にも参加したサンフランシスコを拠点に1970年代から活動する弦楽四重奏団Kronos Quartetがコラボ。11月にアルバム『Aheym』をリリースする。

アメリカの名門イェール大学で音楽の修士号を取得しているBryce DessnerとKronos Quartetの出会いは、The Nationalがキュレーションを務めた2009年発表のチャリティ・コンピレーション『Dark Was The Night』にKronos Quartetが参加したことが始まりで、アルバムにはBryce Dessnerが作曲し、Kronos Quartetが既にコンサートで100回以上演奏している楽曲等4曲が収録される。

現在収録曲の中からタイトル・トラック「Aheym」がNPRで映像とともに公開されている。下記掲載のプレイヤーから視聴出来るその映像はBryce Dessnerの親友であるニューヨーク在住の芸術家Matthew Ritchieによるものだそうだ。

Kronos Quartet with Bryce Dessner – Aheym

Tracklist:
01. Aheym
02. Little Blue Something
03. Tenebre
04. Tour Eiffel

Aheym
Aheym

posted with amazlet at 13.09.20
Kronos Quartet with Bryce Dessner
Anti (2013-11-05)

 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon