フィラデルフィア在住のハーピストMary Lattimoreの新作『At the Dam』が日本限定でCD化

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

mary_lattimore

先日〈Ghostly International〉からリリースされたフィラデルフィア在住のハーピストMary Lattimoreの新作『At the Dam』が日本限定でCD化され、5月11日にリリースされる。日本盤にはボーナス・トラック1曲が追加収録される。
これまでにThurston Moore、Sharon Van Etten、Julia Holter等の作品やライヴに関わってきた彼女、今作は2014年にPew Center for Arts & Heritageのフェロー賞の受賞により得た基金をもとに友人とおこなったアメリカ横断で得たインスピレーションがもととなっている。アルバム・タイトルは、Célineの2015年春夏キャンペーンの広告塔になった『en:Slouching Towards Bethlehem』(邦題:ベツレヘムに向け、身を屈めて)の著者であるアメリカの小説家・エッセイストJoan Didionのエッセイから取られた。
現在SoundCloudでは収録曲「Otis Walks Into The Woods」と「Jimmy V」の試聴が公開中。

 

Artist: MARY LATTIMORE
Title: At The Dam
Cat#: ARTPL-074
Format: CD / Digital
※解説付き
※正方形紙ジャケット仕様
※ボーナス・トラック1曲収録
Release Date: 2016.05.11
Price(CD): 2,000yen + tax

リリース詳細:http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/releases/artpl-074/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon