Pioneer DJが自宅でのDJプレイや楽曲制作向けのアクティブモニタースピーカー「DM-40」を発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

Pioneer DJ株式会社が自宅でのDJプレイや楽曲制作向けに設計したアクティブモニタースピーカー「DM-40」を2016年6月上旬に発売する。
「DM-40」は、同社のアクティブモニタースピーカーでも既に採用されているレスポンスのよいクリアな低域音再生を実現するGroove技術や、広いスイートスポットを実現するDECO技術(※)などの高音質設計を踏襲し、卓上に設置できるコンパクトなサイズでありながら、DJや楽曲制作を楽しむことのできる豊かな低音とクリアな音質の両立を実現したという。商品概要は以下のとおり。

【商品概要】
商品名   :アクティブモニタースピーカー
型番    :DM-40
希望小売価格:オープン価格
発売時期  :2016年6月上旬

img_96280_1

【「DM-40」の主な特長】

1) 力強いキック音を実現するためのフロントバスレフ方式とGroove技術
低域をダイレクトに伝達し、壁などの反射の影響を受けにくいフロントバスレフ方式を採用しました。また、バスレフダクトの開口部には、当社アクティブモニタースピーカー「S-DJX」シリーズに搭載されているGroove技術を採用することで力強いキック音を実現します。

[フロントバスレフ方式とGroove技術]
img_96280_2

2) 広いスイートスポットを体感できるトゥイーターのウェーブガイドとディフューザー
市場にて高い評価を得ている当社アクティブモニタースピーカー「S-DJX」シリーズで採用している、DECO技術による凸形状ディフューザー(指向性を広げるための拡散機)をトゥイーター部へ採用しました。さらにウェーブガイドを設けることで中高域の音を左右と上方へ振り分け、広いスイートスポットと立体感のある音像を実現します。

[ウェーブガイドとディフューザー]
img_96280_3

3) くっきりとした音像を実現するタイムアラインメント
ウーファーとトゥイーターの前後の距離差を調整したことで、再生音の帯域間のズレが軽減され、くっきりとした音像を実現します。

[タイムアライメント]
img_96280_4

4) 不要な音の干渉を防ぐラウンド形状のキャビネット
キャビネットのフロント部を曲面にすることで、キャビネット表面での不要な音の干渉を抑制して、広がりのある高域再生を実現します。

[ラウンド形状のキャビネット]
img_96280_5

5) その他の特長
・2系統の入力端子(RCA、ステレオミニ)搭載
・ヘッドホン出力端子搭載

※DECO:
Diffusion effectual Convexity by Olsonの略。1950年代にH.Olson氏が考案した手法をベースに、TAD Labs社が独自に開発した指向性改善技術。
※TAD Labs:
Technical Audio Devices Laboratories, Inc.(株式会社 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ)の略。TAD(Technical Audio Devices)ブランドの商品はパイオニアが1978年から発売を開始し、プロフェッショナル用スピーカー・ユニットとして世界の多くのスタジオへ導入され、高い評価を得ています。

「DM-40」商品サイト
http://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/monitor-speakers/dm-40/black/overview/


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon