BOSSのループ・ステーションに小型卓上タイプの最新モデル『RC-202』が登場

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ローランド株式会社が「ループ・ステーション」の最新モデル『RC-202』をBOSSブランドにて2016年6月から発売する。
「ループ・ステーション」は、2001年に発売した「ループ・ステーションRC-20」を始めとするBOSSの人気シリーズの一つ。マイクや楽器から入力した短い演奏フレーズを次々に重ねて録音/再生しながら、1人でもアンサンブルのようなパフォーマンスを可能とする。
今回発売される『RC-202』は、手で操作する卓上型のコンパクトな「ループ・ステーション」。ボタンやつまみを大型化し、シンプルで簡単な操作を実現。音色を変化させるエフェクトも搭載しており、様々な電子楽器・機器などの音をミックスし、アイディア次第で様々なループ演奏を楽しめる。製品概要は以下のとおり。

img_97420_1

ループ・ステーション『RC-202』

価格:オープン価格
発売日:2016年6月
初年度販売予定台数(国内/海外計):15,000台

RC-202特長
・より簡単操作でライブパフォーマンスに最適なコンパクト・卓上型ループ・ステーション
・2つのループ用トラックに専用の操作子を搭載。ループ・フレーズは64個まで記憶可能
・内蔵エフェクトにより、独創的なループ・パフォーマンスを演出


■ループ演奏イメージ図
最初に、基本となるリズムを声や楽器演奏を録音し、そのフレーズを再生しながら異なるフレーズを重ねて録音します。これを繰り返すことにより、アンサンブルのようなループ演奏を行うことができます。
<ビートボックスの例>

img_97420_5

■『RC-202』の主な特長
▼簡単操作でライブ・パフォーマンスに最適なコンパクト・卓上型ループ・ステーション
『RC-202』は、プレイ中でも瞬時に操作が行えるよう、ボタンやつまみを全てフロント・パネルに配置しました。自照式のボタンは視認性も高くリアルタイムのライブパフォーマンスに最適な設計です。マイク、シンセサイザーやギター、オーディオ・プレイヤーといった楽器や機器を入力することが可能。すべての入力は同時に使用できるので、入力サウンドをミックスしたループ演奏を創り上げることができます。

▼2つのループ用トラックに専用の操作子を搭載。ループ・フレーズは64個まで保存可能
img_97420_3

『RC-202』にはループ演奏のための、ステレオ仕様のループ・トラックを2つ装備しています。インジケーターの点灯パターンによりフレーズの長さや再生位置、テンポなどの情報をわかりやすく表示します。
また、本体にはループ・フレーズを最大64個まで保存でき、ループ演奏中でも簡単に呼び出すことが可能です。あらかじめ入れておいた曲のバッキングを再生したり即興でできた曲を保存しておきたい場合などに便利です。プレイ中でも再生を止めることなくループをそのまま保存できるので音の途切れないスムーズなループ・パフォーマンスが行えます。

▼内蔵エフェクトにより、独創的なループ・パフォーマンスを演出
img_97420_4

本体にはループの入力音に4つ(インプットFX)、再生音に4つ(トラックFX)、合計8つの効果的なエフェクトを搭載しています。エフェクトをかけて録音されたループを再生し、リアルタイムの演奏にも別エフェクトをかけながらパフォーマンスを行うなどさまざまな表現を可能にしました。エフェクト専用つまみやボタンで直観的な操作も実現しています。

<インプットFX>
P.SHIFT :ピッチを変化させることができるエフェクトです。
LO-FI  :意図的に音質を劣化させて、独特な雰囲気を作り出します。
RING MOD:金属的な音を作り出し、音が集束していくような感じを
     作り出します。
DELAY  :ダイレクト音から遅れた音(ディレイ音)を加えることにより、
     音に厚みを付けたり、特殊効果を作り出したりします。

<トラックFX>
BEAT :トラックが、ビート(拍)に合わせてリピート再生します。
FILTER:特定の周波数帯域をカットし、音の明るさや音の太さなどを
    変化させます。
SLICER:音を連続的にカットすることで、普通に音を鳴らしているだけで、
    バッキング・フレーズを刻んでいるような効果を作り出します。
DELAY :ダイレクト音から遅れた音(ディレイ音)を加えることにより、
    音に厚みを付けたり、特殊効果を作り出したりします。

■ループ・ステーション「RCシリーズ」
img_97420_6

■製品写真
img_97420_2

BOSS ループ・ステーション『RC-202』
●外形寸法:239(幅)×175(奥行)×55(高さ)mm
●質量  :950g(ACアダプターを除く)

※仕様およびデザインは改良のため予告なく変更することがあります。
※本記事に記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon