BOSSが弾き語り専用デバイス『VE-8』を発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

ローランド株式会社がヴォーカルとギターそれぞれの専用プリアンプとエフェクトを搭載し、簡単に操作出来る弾き語り専用デバイス『VE-8』をBOSSブランドから4月下旬に発売する。
『VE-8』には、ヴォーカル用の高品位なハーモニー、リバーブ機能、アコースティック・ギターの自然な響きを再現するレゾナンス機能や専用のエフェクト等が搭載されているほか、マイクとアコースティック・ギターの音量バランス調整機能、演奏の幅を広げるルーパー機能が搭載されている。以下はプレス・リリース。

img_97416_1

■アコースティックシンガー『VE-8』
品名/品番           :アコースティックシンガー『VE-8』
価格              :オープン価格
発売日             :2016年4月下旬
初年度販売予定台数(国内/海外計):12,000台

■『VE-8』の主な特長

▼ヴォーカル用の高度なハーモニー機能や、高品位な残響を加えるリバーブを搭載
『VE-8』はヴォーカル用の高度なハーモニー機能を搭載しています。曲のキーをあらかじめ設定しておくことができる他、本体に入力したギターの演奏から自動でコード進行を分析し、曲のキーを判定することもできるため、曲中の転調にも追従できます。さらに、声の輪郭を強調するエンハンス機能や、残響を付加するリバーブだけでなく、ヴォーカルに厚みを持たせるダブリングや、エレクトリックな声に加工できるなど、印象的なヴォーカル演出が行えます。

▼アコースティックギターのふくよかなサウンドを再現するレゾナンス機能や専用のエフェクトを搭載
『VE-8』には、アコースティックギターが本来持っている自然な響きを再現することができる「アコースティック・レゾナンス」機能を搭載しました。一般的なアコースティックギター用プリアンプでは難しかった、個々のギターが持つ自然な響きで演奏できます。
また、アコースティックギターの演奏時に起こりやすいハウリングを瞬時に抑える機能(フェイズインバーター/ノッチフィルター)も搭載。突発的なアクシデントにもボタンやツマミを回すワンアクションで対応が可能です。さらに、リバーブやコーラス、オクターブ、モジュレーション・ディレイ、リングモジュレーションといったエフェクトも充実しています。

▼演奏の幅を広げるルーパー機能や、マイクとアコースティックギターのミキシング機能装備
本体に入力したギターとマイクの音量バランスは『VE-8』本体のツマミで個別に調整することができます。また、演奏したフレーズをその場で次々に重ねて録音し再生することで1人アンサンブルのような演奏が行えるルーパー機能は、録音する対象を、ギターだけ、ヴォーカルだけ、またはギターとヴォーカルを両方のいずれかを選ぶことができるので、「弾き語り」の演出の可能性が広がります。

●外形寸法:217(幅)×161(奥行)×65(高さ)mm
●質量  :1.3kg(電池含む)

製品詳細: http://jp.boss.info/products/ve-8/

※仕様およびデザインは改良のため予告なく変更することがあります。
※本ニュース・リリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon