マンガ・アニメに特化したコミュニティー・サービス「マンガペディア」がローンチ、世界初となるマンガ・アニメの「百科事典」を収録

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

株式会社VOYAGE GROUP、一般社団法人百科綜合リサーチ・センター、株式会社リンクトデータが共同で、マンガ・アニメに特化したコミュニティー・サービス「マンガペディア」を今月スタートさせた。
これは「後世に正しくマンガやアニメの情報を伝え続けたい」という思いから、マンガ・アニメを扱った総合的なデータベースを編纂しようと開始されたプロジェクトで、百科事典の編集と同様に執筆項目を選定し、適切な執筆者に項目作成を依頼しているという。なお、項目の作成に際しては、可能な限りマンガやアニメの実物(コミック・ムック・雑誌・ビデオ・DVD等)に目を通した上で執筆をするなど、徹底した品質管理に努めたそうだ。サービス概要は以下のとおり。

【マンガ・アニメのコミュニティーサービス「マンガペディア」】
https://mangapedia.com/

【マンガペディアの主な機能】
■システムと人の手による検索機能:マンガペディアは、あるマンガを読み終えた後に抱く、「似たような新しいマンガを知りたい」「マンガを通じて知った実在人物についてもっと詳しく知りたい」などの想いの実現や、マンガを通じた新たなコンテンツとの 出会いや発見をミッションとしており、精度の高い検索やレコメンドなどを有しております。単純にシステム的な情報を提供するのではなく、編集者の手によってキーワードを関連付けするなど人の手も介すことで、ユーザーが欲する情報により近い情報を提供します。
■項目ガイド:作品ごとに、世界観や作品が描かれた背景、作品誕生のいきさつ、作品構成、あらすじ、映画化、テレビアニメ化、ゲーム化などのメディアミックス情報、海外からの反応、社会に与えた影響、評価・受賞歴、作家情報、登場人物、場所・地域、その他キーワードなどを詳しく調べることができます。項目は作品により異なります。
■ログイン機能:メールアドレスまたはSNSアカウントで会員登録ができます。自分で好きなスレッドを立てることができ、今後も機能を拡充していきます。
■スレッド:作品や登場人物などについてユーザー同士が意見交換をし合うことができます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon