東京都現代美術館で開催されている「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」の夜間延長開館が決定

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

main 2

 トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』など数々の人気作品で知られるピクサー・アニメーション・スタジオの設立30周年を記念した「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」。2016年3月5日(土)から5月29日(日)にかけて、東京都現代美術館(東京都江東区)で開催するこの展覧会の夜間延長開館が決定した。
これは開幕1ケ月で早くも来場者数が10万人を突破したのを受けて決定したもので、4月29日(金・祝)から5月28日(土)までの金曜日・土曜日・祝日が対象となる。開催概要は以下のとおり。

【開館情報​】
◇夜間延長日:
4月29日(金・祝)、30日(土)
5月3日(火・祝)、4日(水・祝)、5日(木・祝)、6日(金)、7日(土)、13日(金)、14日(土)、20日(金)、21日(土)、27日(金)、28日(土)
◇開館時間:
10:00~20:00(入場は閉館の30分前まで)
*その他の開館日は、平常どおり10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)となりますのでご注意ください。
*同時開催の「MOTコレクション コレクション・オンゴーイング」(常設展示室)も、同日程で10:00~20:00となります。
*「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」と、美術図書室は平常どおり10:00~18:00となります。

【「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」とは】
 驚くことに、ピクサーには技術スタッフと同じくらい多くのアーティストやデザイナーたちが在籍しています。彼らが、ストーリーやキャラクターの構想段階などで生み出す、美しい手描きのドローイングやパステル画、デジタルペインティング、彫刻などが、ピクサー映画にとって、テクノロジーと同じくらいに重要な役割を果たしていることは、実はあまり知られていません。
 本展では、ピクサーの創造性を支えているこれらのアートワークから約500点を厳選し、スタジオが大切にする「ストーリー」「キャラクター」「世界観」といったテーマに沿って紹介します。また、ピクサーの世界観を表現する大型インスタレーションや、映画制作の裏側などを紹介する豊富な映像コンテンツも、見どころのひとつです。
 2005年にニューヨーク近代美術館でスタートし、世界各国で好評を博した世界巡回展が、2016年、スタジオ設立30周年を記念した作品群を加え、構成を新たにして日本に上陸します。

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」展覧会情報
◇会期:2016年3月5日(土)-5月29日(日)
◇開館時間:10:00~18:00(ただし、4月29日-5月28日の金・土・祝日は20:00まで)
*入場は閉館の30分前まで
◇休 館 日:月曜日 *ただし5月2日(月)、5月23日(月)は開館
◇会場:東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)
◇主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、読売新聞社、TBS、WOWOW
◇協賛:伊藤忠商事
◇協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン、日本貨物航空、ファミリーマート 
◇後援:J-WAVE 81.3FM
◇展覧会公式サイト:http://pxr30.jp/  
◇お問い合わせ:03-5777-8600 (ハローダイヤル)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon