Ty Segall率いるGØGGSがデビュー・アルバムをリリース

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon
goggsLP


GØGGSがデビュー・アルバム『GØGGS』を7月に〈In the Red〉からリリースする。GØGGSはTy Segallによる新バンドで、メンバーはTy Segall、そして以前から親交のあるEx-CultのChris Shawと、Ty Segallがヴォーカルとドラムを担当するローファイ・ロックバンドFuzzのメンバーでもあるCharles Moothart。
今回のアルバムは昨年夏にレコーディングした作品で、ゲストとしてMikal Cronin、Cory Hanson、Denée Petracekが参加している。Ty Segallといえば多くのサイド・プロジェクトがあることで知られるが、カナダのメディアExclaimによれば、今回のGØGGSは特に突発的なプロジェクトというわけではなく、レコーディングの3年前から構想を練っていたそうだ。

GØGGS – GØGGS

Tracklist:
1. Falling In
2. Shotgun Shooter
3. She Got Harder
4. Smoke The Würm
5. GØGGS
6. Assassinate The Doctor
7. Needle Trade Off
8. Future Nothing
9. Final Notice
10. Glendale Junkyard


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon