名匠クシシュトフ・キェシロフスキ監督の没後20年を記念した特別上映がBunkamuraル・シネマで開催

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon


”トリコロール3部作”の大ヒットで知られるポーランド出身の名匠クシシュトフ・キェシロフスキ監督の没後20年を記念した特別上映が、Bunkamuraル・シネマで催される。
今回上映となるのは、ル・シネマでの封切り時にも絶大な人気を誇った“トリコロール3部作”を始め、今回のイベントのために特別に上映許可を取得したという監督の初期作にあたるポーランド時代6作品を含む全10作。いずれも貴重な35ミリフィルムでの上映となる。

キェシロフスキ特別上映メイン画像
(c)1993 MK2 Productions / CED Productions / FR3 Films Productions / CAB Productions / Studio Tor, (c)1993 MK2 Productions / France 3 Cinema / CAB Productions / Film Studio Tor, (c)1994 MK2 Productions / France 3 cinema / CAB Productions / Film studio TOR

[企画]クシシュトフ・キェシロフスキ没後20年記念 特別上映
[上映期間]2016年7月9日(土)~7月22日(金)
[会場] Bunkamura ル・シネマ
(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura 6F TEL:03-3477-9264)
http://www.bunkamura.co.jp/cinema/
[料金] ¥1,500均一(リピーター、学生は¥1,200)(税込)

[上映作品]
『トリコロール/青の愛』(1993/99分/35 mm) 1994年ル・シネマ封切
『トリコロール/白の愛』(1994/92分/35mm) 1994年ル・シネマ封切
『トリコロール/赤の愛』(1994/96分/35mm) 1994年ル・シネマ封切
『ふたりのベロニカ』(1991/92分/35mm) 」1992年ル・シネマ封切
『愛に関する短いフィルム』(1988/87分/35mm) 1991年ル・シネマ封切
『殺人に関する短いフィルム』(1987/85分/35mm)
『終わりなし』(1984/109分/35mm)
『偶然』(1981/119分/35mm)
『アマチュア』(1979/112分/35mm)
『傷跡』(1976/104分/35mm)
※各作品の上映スケジュール、詳細は決定次第劇場HPに掲載いたします。


 
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon