村上春樹の特別寄稿「ベルリンは熱狂をもって小澤征爾を迎えた」掲載の月刊「文藝春秋」6月号が発売

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon

村上春樹の特別寄稿「ベルリンは熱狂をもって小澤征爾を迎えた」が、掲載された月刊「文藝春秋」6月号が発売された。
同寄稿では、今年4月に小澤征爾が7年ぶりにベルリン・フィルを指揮した際の模様が20ページ以上にわたって綴られているほか、リハーサル風景、控え室での会話、カラヤンの思い出といった小澤氏と深い親交のある村上氏ならではのエピソードが収められている。

■書誌情報(電子版)
販売価格:880円(電子版の価格は電子書店によって異なる場合があります)
発売日:5月10日(火)
主要販売電子書店:iBoooks、Kindleストア、楽天kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、honto、GALAPAGOS STORE 他

村上春樹特別寄稿「ベルリンは熱狂をもって小澤征爾を迎えた」
“世界一貧しい大統領”ホセ・ムヒカ「日本人への警告」
【特集】経営受難の時代を生き抜く
大アンケート トップが選ぶ「注目社長」72人
座談会「明治から昭和のすごい経営者」(鹿島茂/楠木建/佐々木常夫)
【特集】大地震からの再出発
ドキュメント 熊本日日新聞編集局
私には友がいた!(渡辺京二)/漱石の「薬効」(姜尚中)
「西日本大震災」に備えよ(京都大学教授・鎌田浩毅)
【ロングインタビュー】晋三は「宿命の子」です(安倍洋子)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someoneBuffer this pagePrint this pageShare on VKShare on RedditFlattr the authorDigg thisShare on LinkedInShare on YummlyShare on StumbleUpon